Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
免許更新  高齢者講習 N.Kさんからのお便り
0

    残暑お見舞い申し上げます

     

    みなさま、お元気でいらっしゃいますか?

    9月に入ってもまだ暑い日が続いております。

    新型コロナ感染の状況もまだ油断がなりませんね。

     

    百合2

    住まいの近くに新しい公園ができました。

    7月の写真ですが、ヤマユリが満開でした。

     

    百合3

     

    何人かの皆様に、暑中見舞い、残暑見舞いのお葉書をいただきました。

    ありがとうございました。

    それぞれ今年の夏を受け止めて、自分らしくお過ごしになっていらっしゃるようです。

     

    6月にN.Kさんからメールを受け取りました。

    ***

    ご無沙汰しております、N・Kです。

    今年、運転免許の更新の手紙が来ました。

    70歳過ぎていますので実地試験があるのですが、2年ほど前から運転はしていません。免許返納はまだ考えていませんが、運転に自身がないので、又先生に指導していただけらと思い連絡をいたしました。

    ご返信お待ちしています。

    *****

     

    Kさんは、10年ほど前に、私と出会いしっかりとペーパードライバー教習を受けられて、卒業されました。

    その後は、自宅の車にて自分のためご家族のためにと活動されていらっしぃました。

    更新日は9月8日ですので、その日の実地日に合わせてスケジュールを立てました。

     

    第1回目7月14日

     

    ご自宅の近くから出発です。

    マスクはエアコンが効いているので、かえって快適に感じられます。

    2年ぶりにハンドルを握ったKさんは、少し緊張気味でしたが、少し走り始めると落ち着かれたようですね。

     

    7,14-1初め

    本日は、車の乗り降りをしっかりと確認します。

    ドアーの開け閉め、運転席に座ってからエンジンをかけるまでの手順、ミラーの合わせ方、走り始める時の安全確認、などをしっかりと、もう一度正しく行えるようにしましょう。

    実は、実地走行時の走り方はあまり深く考えなくてもいいのです。

    普通に走れば良いのです(?)から、大事なポイントを押さえていきましょう。

    普通に走るって難しいですよね、

     

    ただし、Kさんは、この更新が終わったら、また運転を再開したいとお考えです。

    まずは、無事に更新ができるように、車に慣れていくことにしましょう。

     

    第2回目 7月21日

     

    2回目は、安全な道をたくさん走りました。

    途中、大きな病院の玄関に横づけして、ロータリーを回って出てきました。

     7月29-1

    人の動きに注意して、車の出入りに気を配って、など目配りも大切です。

     

    第3回目 7月29日

     

    本日、車庫入れに挑戦です。

    大きな駐車場にて練習をしましたね。

    発券機の対処も久しぶりですね。

    8月8日

     

    第4回目 9月2日

     

    少しづつ感を取り戻してきました。

    今日は、自宅近くの道路の曲がりにくい道や、間隔の取りずらい道路を選んで走りました。

    私も熟知している道路ですから、安心して走ってください。

    ところが、途中ゲリラ豪雨に遭遇してしまいました。

    すごい雨の量に驚き、Kさんは「途中すぐ停めて雨宿りしましょう」

    と、おっしゃいますが、すぐには車を止められません速度を落として走行した方が安全です。世田谷区ですから・・・・

    大きなスーパーが近くにあり、平置きで発券機もない駐車場がありますのでそこまで5分くらい走って到着しました。

     

    Kさんお疲れさまでした。

    9月8日の更新日は、きっと晴れて、良い結果が出ることと思います。

    これを機会に、また車に乗っていろいろ活動してくださいね。

    次の大きな更新(75歳)迄頑張ってくださいね。

    本来は、年齢が重なるほど、車の需要はあるのですから、やめてしまうなんてもったいないですよね。

    少し涼しくなったら、今後、安全に事故のない運転をしていく大切なことをしっかりと学んでいきましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: kuruma-main | 教習日記 | 16:46 | comments(0) | - | - | - |