Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
玉川高島屋で、車庫入れ
0

    10月13日

     

    Mさん(60代女性)と玉川高島屋の駐車場に行きました。

    京王線・烏山駅で待ち合わせをします。

     

    二子玉川の高島屋までは、環状八号線で、246号線・瀬田交差点まで走ります。

    3車線ある幹線道路でも、環状八号線は、1車線が狭いですね。

     

    しっかりとハンドル操作ができなければ走りこむことができません。

    ふらつきなどもないようにこれからも、何度も走って慣れていきましょう。

     

    高島屋の駐車場・CD棟を選びました。

     

    車庫入れ

    車庫入れといっても、入れ方ではなく、ここでは、ほかの車とのコミニュケーションの取り方を練習します。

     

    駐車場でのマナーなども学びましょう。

     

    でも、あくまでも駐車場なので、車を駐車させることを優先しましょう。

    遠慮しすぎてもだめですし、他の車を待たせることにも配慮して、すべきことは素早く行動して、待ってもらうときには、焦らずに待ってもらいましょう。

     

    こんな場面もありました。

    *女性二人が、突然ふらふらと私たちが車庫入れをしている車の前に出てきました。

    止めた車の位置がわからなくなり探し始めたのです。

     

    そのときMさんは、動きを止めてしまいどうしたらよいのか迷ってしまいました。

     

    すかさず、私は警笛を鳴らしてその女性に、注意を促します。

     

    このことは、どちらが正しいのでしょうか?

     

    ここはあくまでも駐車場です。

    車を止めようとしている車を無視してその前を歩くのは非常識です。

     

    私たちも、意外とこんなことをやってしまいがちですが、車を運転するものとしては、こんな場面でもどちらが優先か否かを見極めて安全な行動したいものですね。

     

    帰りに、祖師谷公園の駐車場に止めました。

     

    車庫入れ2

    ここでは、段差を乗り越える経験をしました。

    こんな低い段差でも、ハンドルの角度がついているときには、結構抵抗があるものです。

     

    前が広い場合は、いったん前に出て、ハンドルをまっすぐにしてからバックした方が楽にバックできます。

    最近ナビに後方の映像が出ますが、あくまでも補助的に見て、その映像だけでバックをしてはいけないですね。

    やはり、窓を開けて周囲の状況を確認しつつ、慎重にしましょう。

     

    posted by: kuruma-main | 車庫入れ | 14:41 | comments(0) | - | - | - |