Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
12月になると都内の紅葉も
0
    12月1日

    世田谷区にお住いのSさんと、出かけました。
    イチョウの黄色い葉っぱが目に鮮やかになってくるといよいよ都内も冬という感じがします。

      12月6日 田園調布にて撮影
    イチョウ

    さて、本日の課題のレッスンは、狭く、交通量の多い道を走るという、テーマです。

    世田谷区もはずれのほうは、道も複雑で、昔の狭い道幅のままで、車の数がとても多い道がたくさんあります。
    そんなあえて、通りたくない道を選んで、この世田谷区を通り抜けました。(カメラは、とても構えることはできませんね。ですから、写真はありません。)

    世田谷区経堂・千歳通り〜成城〜喜多見〜世田谷通り  やっと世田谷通りに出ることができました。
    Sさんに挑戦してもらったのは、狭い道での行き違い・進むべきか、止まるべきかを瞬間的に判断してもらうためです。

    大きなバスも通ります。
    外国人の方が見たら、きっと驚くような道路状況です。

    Sさんは、慎重に、対向車にも目を配り、前の車に続いて走ります。
    目・腕、足、一体とならなければ、スムーズに行動できません。

    さあ〜ここからは、広い片側1車線の世田谷通りを走って、目的地調布飛行場まで行きましょう。

    駐車場に停めることができました。
    時間は、かかっても、正確に車庫入れができましたので良かったですね。

    この車庫入れは、少し左気味に入れています。
    できればもう少し、自分の側(右)に入れられるようにしましょう。
    調布1

    ここに休憩するカッフェがありますので、寄っていくことにしましょう。

    窓の外は、滑走路です。
    飛行機の離発着を、すぐ目の前で見ることができます。
    調布3
    ちょうど、飛行機が到着しました。
    向きを変えて、右方向の搭乗センターに向かうところです。
    調布4
    やはりここでの話題は、数か月前に起きた飛行機事故のことです、
    この機と同じくらいの大きさの飛行機のような気がします。
    以前にもここにはよく来ていて、飽きずに飛行機を眺め当たり前のように安全を感じていました。

    しかし、以前ここのカッフェで休んだ折、Fさんという生徒さんの言葉も思いだします。
    「こんな飛行機で、遠くの島にあっという間に行けたらいいですね〜」と、私
    「いやだわ〜、こんな小さい飛行機は、怖い、怖い、怖い」と、Fさん
    Fさんは、外国で暮らしていたこともあり、私より数倍は飛行機に乗っていらっしゃった方ですのに、その時はあまりFさんの言葉が理解できなかったのでした。

    飛行機事故は、交通事故より確率はひくいのだそうですが、どんなことにも、事故やアクシデントはあるものですね。
    それらのことには運命的なこともあると思います。

    過ぎてしまった過去にも、事故やアクシデントは私にもいっぱいありました。
    子供のころに、自転車と正面衝突をして前歯を折る。10代後半に足首の骨折(全治3ヶ月)・40代、手首の骨折・その後、ゴルフ場でギックリ腰でリタイヤ・ところで、最近、朝方トイレに行きベッドに戻った時暗がりの中で足が滑りサイドテーブルに手をついてしまい、親指のつきゆびをしました。すでに2週間くらい経つのにまだ不自由です。

    このように書いてみると、壮絶ですね。
    運命的なことと書きましたが、私の場合注意をすれば避けられたことばかりのような気がします。

    避けられることとは,どんなふうにしたらよいのでしょうか?
    今、自分の年代、環境に対してよく考えてみると、過去に起きてしまった事故や、アクシデントに対して忘れてしまうことではなく、今もそのことに向き合って、毎日を送っていくということではないでしょうか?

    と、いいつつ、これからの私の生活に思いがけないアクシデントがあるかもしれないのですが、少なくとも過去にであってしまったアクシデントは、絶対に避けなければなりませんね。

    車の運転中にヒャットしたこと、失敗したこと、などを忘れないで今を進んでいくことが大事ですね。
    日々、私もみなさんとレッスン中に経験したことを忘れないで、これからも進んでいきます。

     
    posted by: kuruma-main | 空港 | 11:19 | comments(0) | - | - | - |