Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
山手トンネルを走る 大井南
0
    7月6日

    本日は、七夕の日ですね。
    七夕飾りのある素敵なところへ、行ってきました。

    七夕

    梅雨の真只中ですね。
    雨はシトシトと降っています。

    思い切って、首都高速を走りましょう。

    首都高速3号線を走り、池尻大橋から山手トンネルに入り大井南を目指します。

    (山手トンネル)

    1015年3月全線開通となり、中央環状線として完成しました。
    山手トンネルは全長18200キロあり、日本一長いトンネルです。

    山手トンネルだけを利用して、羽田へ20分で着くといいます。
    私たちは、首都高速3号線・用賀インターから池尻ジャンクションを目指します。

    Sさんは、首都高速を走るのは初めてです。
    今日は、用賀インター付近は渋滞が発生しています。
    少し、ゆっくりと走るスピードは、Sさんにとっては好都合でしたね。

    右側の車線から池尻ジャンクションを入ります。
    少し早目に、右車線に、進路を変えます。
    バックミラ―をちょくちょく見て、右車線の流れを確認しながら走ります。
    「今はいけない!」・・・「あの一台が行ったら、右に車線が変更できる」・・・・Sさんのつぶやきです。
    などなど走りながら車の流れが目から脳に伝達していくようになってきました。


    山手トンネル1

    赤と青の表示が目に入ります。
    道路面が、青くなっているレーンを走ります。(赤は、東北道方面、青が、湾岸線・大井南方面です)

    入ると意外と急なカーブになっています。(40キロくらいのスピードです)

    山手トンネル2

    カーブが怖いと思っていますね。
    目線を先のほうににもっていきます。
    ハンドル握りしめずに、そっと押してやるように、すると柔らかくカーブしていきます。


    出口

    左車線は、東北道または、東関東自動車道方面ですから、右車線の空港中央は横浜と表示されているレーンに車線変更します。

    出口2
    左手前方の白っぽいところは、新幹線の車両基地です。
    100両くらいの新幹線が、停まっている景色は、珍しいですね。

    ここまで用賀インターから30分くらいでした

    一般道路へ出ました。357号線への合流への道も新しい道路ですね。
    私も始めて走る道ですが、いろいろ経験をしていますので、おおむね把握できますが、Sさんは、まだ経験が不足していますので、道路形態が呑み込めません。
    不安ですが、ここは経験を積むということで、追い越されてもあわてずに流れに乗ってください。

    ここも合流は、左側へします。
    普段は、なかなか左車線への合流の道路は少ないのですが高速道路や、幹線道路は時々あります。


    羽田空港に到着しました。
    Sさんは、まだ国際線ターミナルへ入ったことがないということでそちらへ向かいました。

    パーキング
    空港中央から向かうと、国際線ターミナルへは、かなり遠いですね。
    といううのも一番はずれの環状八号線から近いところに位置しています。

    空港中央から、入り組んだ車線の中から、国際線への道を見つけるのも大変です。
    一度覚えれば何ということもないのですが、危うく逆走しそうになりました。

    中央分離帯の左側の道を見落として、右側の2車線の道へ入りそうになりました。
    道路の標識もペイントが薄れていて、おまけに反対車線への進入禁止の標識もありませんでした。
    禁煙(ちょっと違う絵ですが、このような進入禁止の標識と思ってください)

    このような思い込み、勘違いは、誰にでもありうることと思ってもいいですね。
    反対車線から車が来なかったのも幸いでしたので、事なきを得ましたが、びっくりしましたね。

    その時にはやはり経験がものを言います。
    ちょっと違うという思いがすぐにくるようになれば、事なきを得てスムーズに走れます。

    国際線ターミナルは、七夕飾りでやさしい雰囲気です。

    日本の風習は、いろいろありますが、七夕の飾りは心がほっとする行事ですね。

    それぞれに短冊が付けてあり、ひとつづつを読んでいくと、うなづいたり、にこにこ笑ってしまうものもありました。
    七夕2

    七夕





     
    posted by: kuruma-main | 首都高速道路 | 11:08 | comments(0) | - | - | - |