Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
車線変更と交差点
0
     6月18日
    梅雨空ですが、雨の心配はなさそうです。
    蒸し暑いようきに少しずつ慣れて真夏の暑さに対応していくのでしょうね。

    さて、今日は、いよいよ車線変更を取り入れて、幹線道路を走ります。

    右折の為の車線変更・路駐している車をよける・バス亭で止まったバスを追い抜く・など車線変更の項目の中には、たくさんの目的があります。

    又、流れに乗って走り、自分の走っている車線の前後、左右の車線の車の動きなども瞬時に読み取っていかなければなりません。

    いよいよ環状八号線の外回りに出ます。
    広い道のように思われますが、実際は、3車線あるためにとても狭い車線の幅ですね。
    左折の時に大回りしないように、どの車線に入っていくかを前もって決めておきます。
    左側に寄って、左折の準備をしていますが、この後Sさんは2車線分の幅を
    使っていちばん左の車線に入りました。
    左折時の、ハンドルの切り始めが遅いために大回りとなってしまったようです
    交差点1

    交差点2

    Sさんも意外と狭い道なんですね〜と云っています。
    大きな交差点の右折もしましたね。
    右折車線の、信号は赤ですから、前に出ず、右折の矢印が出るまで待ちます。
    曲がっっていく方向をよく確認しておきます。
    反対車線の左折車を見ていると、方向が分かりますね。
    通行区分

    外回りの高井戸方向はかなり渋滞していますので、内回り羽田方向に走ることにします。
    東京インターの交差点にきました。
    右側の2車線が、東名高速道路方向の車線となっていますね。
    左の車線は、首都高速道路の左折車線と、直進車線となっています。
    今まで3車線の真中を走ってきましたが、信号待ちをしている時に自分の
    車線がこれから変わっていくということを知らなければなりません。

    渡り終えると、このままいくといちばん右車線に入り、次の瀬田交差点では右折車線に入っていってしまうようになるのです。

    大きな交差点では、このような事が間々起きる道があります
    しかしこのような時もあわてないで、車線変更の注意点を思い出して、対応していけば大丈夫です。

    これからも車線変更の注意点を沢山経験したいですね。

    交差点3

    曇っているせいか、矢印の信号が良く見えますね。
    この時私たちは、車線変更を終えて、この交差点の右折レーンにいます。

    信号は、赤ですから前に出てはいけませんね。
    矢印が出なくて、信号が青ならば、交差点の中心に出て矢印が出るまで待ちます。 対向車がいなければ曲がってもかまいません。

    しかし、その場合には、横断歩道の信号は青ですから注意が必要です。
    本来は、矢印が出れば横断歩道の信号は赤ですから、安全ですね。
    この違いを瞬時に判断をして、歩行者との接触事故を回避しなくてはなりません。

    田園調布

    右折をして田園調布の町に入ってきました。
    駅舎の前はロータリーになっていますのでぐるっと1周をしましたね。

    緑の美しい街路樹や、大きなお屋敷の続く道をゆっくりと走り帰途につきました。
    いつ来ても、田園調布の町は、美しいですね。
    posted by: kuruma-main | 幹線道路 | 16:46 | comments(0) | - | - | - |